野球のバッティングが上達しない!篠塚和典の打撃バイブルでヒット量産

野球のバッティングが上達しない息子が、篠塚和典の打撃バイブルのDVDを見たらヒットを量産するようになった。打撃に関する悩みは全て解消できるDVDの評判と口コミをご紹介

野球のバッティングが上達しない!息子にアドバイスをするも親子喧嘩...

息子にヒットを打たせてあげたい、

そんな思いでバッティングの基本を指導しました。。

 

以下のような事を息子のゆうたに教えました。

  • 両足は肩幅よりやや広めに開く
  • 膝は軽く曲げる
  • バットを握る時は利き手を上にする
  • 小指と薬指にしっかりと力を入れる
  • バットを腕だけで振らない
  • ボールに当てたら、そのまま振りぬく

 

まず、肩幅よりも少し広めに両足を開き、軽く膝を曲げる。

そうすることで、スイングしやすいフォームになるからです。

 

 

f:id:ren-ai-partner:20170206212036j:plain

 

 

それに、当たり前のことですがバットを握る時は、
利き手がを上にする。

 

右利きの人は、右手が上で、左手が下になります。

左利きの人は、左手が上で、右手が下になります。

 

このように握ると、スイングしやすいはずです。

というか、逆だとスイングしにくいばかりでなく、

振り抜けません。

 

そして、バットを持った手全体に力を入れずに、

小指と薬指だけに力を入れるようなイメージでスイングをする。

 

また、腕だけで打つとボールの勢いに押されてしまうから、

体を回転させるようにして打つ、そしてそのまま振り抜く。

 

これだとバットを振り回すだけになりボールに当たりにくいので、

バットを振るのではなく、向かってきたボールに対して

バットをぶつけなさいと教えたのです。

 

これがバッティングの基本。

まずはこの一連の流れを理解させました。

 

しかし、これが親子喧嘩の火種になるとはね。

 

息子も頭では理解しているが、思うように体が反応せず、

結局は父親の私の教え方がヘタだ!!

 

と言われる始末 ;_;

 

それ以後は、口を出さずにじっと見守ることにしたのです。